大学中退就職サイト比較ランキング

                    

 

 新卒での就職が叶わず、既卒で就職活動を余儀なくされている人が多いこのご時世、大学中退者の就職が狭き門になるのはしかたないことです。

 

 大学を中退した時点で最終学歴は「高卒」ですし、高卒で就職した転職組や、パートやアルバイトとして働く非正規雇用者と、同じフィールドで就職活動を行うことになります。

 

 新卒と同じような就職活動をしても、激しい競争を勝ち抜くのは、容易なことではありません。

 

 それを自覚して、いかに企業ニーズに合った就職活動を進められるかが、採否に大きく影響するのです。

 


 でも、大学中退者ならではの強みもあります。

 その一つが、就職活動期間に制限が設けられていないことです。安倍政権は倫理憲章を改定し、2016年3月卒業の就職活動生から、現在行われている説明会や選考開始の時期を後ろ倒しにするという、声明を発表しています。同じ年齢の大学生が就活できない時期に、自分は始められるのは、大きなメリットです。

 また、新卒採用の大学生をインターンシップ(企業研修)の一環として働かせることはできるかもしれませんが、すぐに業務に投入できるわけではありません。その点、大学中退者は採用決定後、すぐに入社させて働いてもらうことができます。

 同じ年齢の大学生より若いうちから、長く働いてくれるという点でも、企業側に採用のメリットは十分にあるのです。

 

 

 では、大学中退者で、仕事が未経験だとしても、企業が欲しがる人材とはどんな人なのでしょうか。

 

 

 それは、企業の利益に貢献する人です。売れる商品やサービスを開発したり、売り上げをアップしたり、コストを削減したり、資産を運用するなど、企業にはさまざまな増益の方法があります。そのいずれかにマッチするのが大事です。

 

 そして会社の利益をあげる人のすべてに、専門スキルや知識、業務経験が必要なわけでもなく、自分でものを考え、社会規律に則って、自分で行動できることが重要です。

 

 つまり、大学中退者であっても、この条件を満たしていると判断されれば、内定するチャンスが高いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 では、学歴ではなく、人物重視で採用してもらえそうな企業を探すには、どうしたらよいのでしょうか。

 

 それは、転職サイトを徹底的に活用することです。

 

 企業が中途採用者の募集の際に転職サイトを利用するのは、すぐに仕事ができ、やる気がある人材を、いち早く採用するためです。

 

 学歴不問で、未経験者OKの募集をしている企業を見つけたら、ホームページなどで企業理念や経営者のメッセージを読むことで、将来のビジョンや、企業風土をある程度判別することができます。

 

 多くの求人を見つけて、その中で自分に合っていると思うものを、自分の目で確かめてから応募しましょう。

 

 転職サイトの中でもひときわ有名なサイトがリクナビNEXT。大学中退者の質問も掲載されており、そういった層の利用も想定していることがわかります。 

 

 

 

 大学へはスポーツ推薦で入学しましたが、ケガをして競技を続けられなくなり、特待生を解除されたことから大学を中退しました。
 中学、高校、大学と部活ではキャプテンを経験してきたので、チームをまとめるために心がけていたこと、強くなるために練習メニューを変更した経験と成果、そうした経験が仕事をするうえでどう活かせると思うかを、面接官にアピール。そのうちに内定をいただけました。
 学歴がない分、仕事で貢献できるように、これからがんばっていきたいと思います。


 退学の理由が明確かつ、学生時代の経験が前向きにアピールできたことで、大学中退のハンデを乗り越えた事例といえます。

 大学を中退して3カ月で、就職を実現しました。
 私は高校時代から5年間同じアルバイトを続けていたので、これについて職務経歴書を作成。長く家庭の経済状況の変化で、奨学金だけでは私大の学費を工面できず、やむなく退学したことや、アルバイト先では、新人の教育係を任されていることを記載しました。
 面接でもその経験を活かして、職場でがんばっていきたいという意欲をアピールしました。


 アルバイトという職務経験を通して、自分の志向性を見つけられれば、転職希望者とも戦えるということです。

 

 

 

 

1.希望する企業名で直接検索

 自分が希望する企業名が明確な場合は、検索窓に企業名を入力して探します。

 

 

 

 

2.キーワードで大学中退OKの企業を探す

 自分が応募できる企業を探したい場合には、検索窓に「未経験」「経験不問」「中退」「年齢不問」などのキーワードを入れて、検索します。

 

 

 

 

3.希望企業の条件を登録して情報を受取る

 リクナビNEXTにはスカウトサービスがあるので、自分の経歴や希望条件をレジュメとして登録しておくと、興味を持った企業からオファーが届きます。
 それを待つのも、一つの方法です。

 

4.スカウト機能のためにレジュメを完成させる

 レジュメの作成も、リクナビNEXTに搭載されているツールを使い、ナビゲーションに沿って入力するだけで簡単にできます。
 登録後は、チェックをしてくれるツールを使って、定期的にブラッシュアップすれば、さらにオファー数をアップすることにつながります。

 

 もちろん、書き方の指導ページも用意されていますので。参考にしながら作成するとよいでしょう。

 

 

 

 

 

 どのような理由があったにせよ、大学中退という過去を消すことはできません。

 

 ですが、それで人生が終わったわけでも、決まったわけでもありません。大学を中退したからこそ気づけたこと、できた経験を糧に、仕事で自分を磨く道を探すと決め、納得できる就職を探してください。

 


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す