大学中退が当たり前のアメリカでも就職難の現状


 日本の大学は難易度の高い入学試験をクリアしたところが終着点で、就職までの残りの4年間はモラトリアムと呼ばれて久しいです。その為、経済的な事情を別にすれば大学中退という結果は多くはありません。
 それに対して、アメリカの大学は学ぶ意欲のある者は誰でも受け入れるものの、ちゃんと勉強しない者は淘汰され卒業に至りません。ですので、大学中退は日常の出来事とさえいえる状況です。

 

 そんな社会ですから、大学中退者の就職も日本に比べれば問題なさそうな気がするものです。ところが、リーマンショック等の厳しい情勢の中では大学中退での就職が厳しさを増しているようです。そして、大卒の資格が重要になればなるほど、大学入学者が増えて中退となる人が増えるという悪循環に陥っているとのこと。

 

 この状況を改善しようと、中退者を大学に無試験編入させる等の試みが始まっています。それ自体は大変良いことだと感じますが、大卒資格を増やせば就職の問題が解決するという簡単なものでもありません

 

 大卒者か中退者かを問わずみんな就職できるだけのパイがないからこそ、大学中退を除外する結果になっているのが現実ならば、その人たちが資格を持ったところで仕事が増えるわけではないのです。

 

 これはアメリカだけの話ではなく、日本も同じような状況でしょう。やはり肝心なのは全体のパイを増やすことですが、個人レベルでは大学中退でも通用する何等かのスキルを身に付けることだと考えます。


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す