大学中退から就職は非常に困難。必要なものは何か?

 


 大学を中退した人はその後はどのように生活をしているのでしょうか? 現在までの景気の動向を見てみると大卒であっても非常に厳しい就職情勢が続いています。

 

 昨年11には8500円台だった株価が現在は多少の乱高下もありながら13000円台に回復しており、その影響で内定率が上がったといわれていますが、そこまで優しい状況ではないことも確かです。

 

 労働政策研究・研修機構が調査した結果によれば、中退後に正社員になれた人は14.7%と二割もいないことがわかります。

 

 アルバイトをするという人は59.8%であり、非常に多く失業や無職になるという人が16.6%と正社員になる人よりも多いことが分かりました。

 

 これは大変に由々しき事態なのですが、政府の金融緩和により状況は好転する兆しを見せています。景気が順調に良くなる時には必ずジワジワとしか良くならず、一気に効果がでるわけではありません。

 

 現在は株価だけですが、これがジワジワと半年以上掛けて市場経済に影響を与えていきます。

 

 少しずつ景気は良くなりますが、大切なものはマインドでありこのデフレ下で就職に対する恐怖心や、強い抵抗感を覚えてしまった人も多いはずです。

 

 生きるためには働かなければなりませんが、それが強迫観念のようになってしまうのも大きな問題です。

 

 大切なことは若いうちであれば何度失敗をしても良い、と知る経験です。今はアルバイトをしている人でも就職をして、だめなら転職するという経験を積む機会がなければなりません。 


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す