既卒者面談のアドバイス

既卒者は就職できないですか?面談のアドバイス有ったら教えて!

 

既卒者が就職できないという事はありませんが、確かに新卒者よりは不利な状況であることは否めません。
既卒者と新卒者の就職活動の差は、面接対策へのポイントの置き方にも関わってくるかと思います。

 

既卒者は面接時にブランクの期間やその過ごし方などに関しても質問されることが多いので、そこをどう切り抜けて自己PRに繋げるかなどの対策は重要となります。
その場できちんと答えられるためにも自己の把握が必要です。

 

その場しのぎや何となくそうなったという理由では、全く相手にしてもらえませんね。
事実をきちんと見つめて、それが自分にとってどうプラスになっているかなどを上手に伝えることが重要です。

 

その際には、答えの内容だけではなくて、前向きさやにじみ出るような、はきはきとした明るい話し方で好印象を与えることが望ましいです。

 

もちろん社会人としてのスマートなマナーが身についているかを見られるのは新卒同様です。

 

他には新卒よりも上回るスキルやコミュニケーション力などを観られていることがあります。
ただ、新卒同様になってしまうかもしれませんが、働く意欲やその企業に入社して共に発展していきたいという熱意が伝わるような話の内容や、それを伝えられる話し方や好感度のような雰囲気を身に付けておくことが非常に大事です。

 

ブランクが有った事に対する質問には精神的にも答えにくい面もあるかもしれませんが、事実を素直に認めた上で、おどおどしたりせずに堂々とした態度で、挑むようにしましょう。

 

大学中退就職ナビ
設計転職
http://xn--se-4n4ar256ajcp.com/

 


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す