大学中退からの就職活動【21歳 男性】

21歳 男性
倉庫・物流業
なし

 

 

 就職活動を始める前に、私が最も準備をしたことは業界・企業研究です。

 

 大学中退したばかりで、社会のことについてほとんど何も知らないので、どの業界や企業が自分に向いているかが全く分かりませんでした。自分が行きたいと思ったり、向いていると思えるところが分からないと自己分析もままならないので、最初に準備として行ったことはこうした業界・企業研究でした。

 

 そうして、自分がいきたいと思ったところが定まって自己分析にうつりました。なので、就職活動を始める前に準備したことは自己分析と業界・企業研究です。

 

 

 

 

 面接対策を疎かにしたことです。面接では不意に難しい質問がくることがあります。そんなとき失敗するのは、面接慣れをしていない場合と自己分析が甘かった場合だと思います。知識が足りないなどで、どうしても答えられないときもありますが、やはり上の二つが原因ということが多いと思います。

 

 面接慣れをしていないと緊張しすぎて答えられるものもこたえられなくなることが良くありますし、自己分析が甘いと自分の考えが定まっていないと思われることが良くあります。私はそのどちらも少し中途半端だったようで、それに気付いてからはできる限りそこを改善できるように努力を続けました。

 

 

 

 

 最初は自分の働きたい業界だったので説明会に行きました。就職活動をしていると、説明会で人事の方とお話しする機会が多いと思います。その時に、現在の会社が最も人柄の良さを感じました。

 

 現在の会社で人事以外の方とも何人かお話をさせていただいたのですが、全員がとても良い印象でした。私はこんな会社なら社員を大切にしてくれるんだろうなと思い、現在の会社を選びました。

 

 

 

 


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す