アルバイトから正社員への道【25歳 男性】

25歳 男性
経営企画
リクナビNEXT・その他

 

 

 

 大学中退してからアルバイトを転々とする日々を送っていました。正社員にならないとという気持ちはあったのですが、今ひとつ「就職活動へ!」という気持ちが起こらず、自分の時間を使いながらアルバイトでお金を稼ぐ日々を送っていました。

 

 しかし、年齢を重ねて行き25歳の誕生日を過ぎると、「四捨五入すると三十路かぁ」と思うようになり、途端に焦る気持ちが大きくなっていきました。そして、ようやく動き出したというのが就職活動の始まりです。

 

 

 

 

 居酒屋でのアルバイト経験も含めて接客業を多くしていたので、コミュ二ケーション能力には自信がありました。

 

 なので、面接はある程度良い結果を出せるだろう自信があったので、それ以外の履歴書や職務経歴書などに対して力を入れていこうと思い、書籍などを参考に自分なりではあったのですが、丁寧に仕上げていきました。

 

 

 

 

 面接には自信のあった私だったのですが、アルバイトの面接とは違って正社員面接だからかどうかはわかりませんが、「お金に対する価値観の相違を感じる友達が居た時にどういう行動をとりますか?」というような質問だったり、ものすごく答えに困ることが多く苦労しました。

 

 敢えて面接に際しては大した対応策など用意していなかった事を後に改める事になりましたね。

 

 

 

 

 14社面接で落ちてきました。それは自分が上手くアピール出来なかったり、他の志望者の方が有能だったり理由は様々だったと思いますが、この14社の面接での活動期間で私自身一段と成長できたように思います。

 

 なので5ヶ月という月日は辛いとは感じませんでした。結果的に自分が望む企業への就職を決める事が出来ましたし、必要で重要な期間だったと思っています。

 

 今でもこの活動中の経験が基盤となっている部分も多く、自分という社会人形成の大きな第一歩だったんだと常々感じていますね。

 


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す