時間をかけて計画を立てる

計画の流れ

 

 大学を中退した方が、いざ就職しようとして、やみくもに履歴書を郵送するのは極めて効率が悪いですし、書類選考を通過する確率も低いです。それでは、どのようにすれば効率がよいのかといいますと、まずは、計画を立てるところから始めることです。

 

 しかし、計画といっても漠然としているので、ここでは、目的から企業分析、志望理由、書類準備、書類提出、面接、内定までの一連のシミュレーションを行っていきます。ここまで考えて、個々にどのくらいの期間がかかるのか推定します。

 

計画は、あまり詳細にしない

 

 計画を立てるのは良いのですが、あまりにもがっちり立ててしまいますと、それをクリアできないと、逆に落ちこみますので、大まかに立てるのがポイントです。そして、どの場面からでも融通がつくような計画にします。

 

 計画の概略を立てて、それが前倒しになれば早めればよいですし、少し期間が不足していれば延長すれば問題ありません。計画は詳細にしないとは言ってもポイントを外してはいけません。

 

 それは、企業分析、志望理由にかける時間です。これは、最終的に面接までかかわる内容ですから、しっかりと時間を取ります。このフローにより何社もあることを想定して、並行で進められていけるかなど全体的なスケジュール管理にも役立てます。

 

 

【関連記事】


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す