履歴書の学歴は正確に書く

学歴は正確に記載する

 

 大学中退者にとって、履歴書の学歴欄を記載するのは、どこか後ろめたいものがあります。実際の書き方ですが、大学中退の場合は、学歴も短くなりますから、小中学校卒業から書くと、見栄えがよくなります。

 

 高校は、入学・卒業です。ここで注意したいのが、大学中退だからといって、高卒で記載を辞めるのは間違っていますので注意します。例え、中退であっても一度は、入学した大学名は専攻まできちんと記載しなければなりません。

 

 

大学中退記載のポイント

 

 大学中退だからと言って、大学名だけを記載すればよいというものではありません。きちんと、学部、専攻までしっかりと書きます。また、ここで辞めてしまってはもったいないので、何年次でやめたかも分かるように記載しましよう。

 

 これは、大学の場合、取得単位数によっては、短期大学と同等になるからです。実際に、資格試験などで短大卒業が条件であっても、大学で42単位取得している場合も同等とみなすという受験資格があるものもあるからです。

 

 また、大学中退したあとですが、他大学を受験しようとして予備校に通った場合ですが、これは学歴になりませんので書かないように注意しましよう。

 

 

【関連記事】


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す