面接でよくある質問とは

必ず聞かれる質問

 

 大学を中退した方が、面接で真っ先に聞かれるのは担当者にもよりますが、大学を中退した理由です。これは、下手にとりつくろわないで正直に答えましょう。しかし、「何となくいきたくなった」「興味がなくなった」まで、正直に答えればよいかといいますと、流石にこれは答え方を工夫します。

 

 例えば、「違う分野に興味がわいてきた」「早く社会にでて働きたかった」など、多少無理がありますが、このような感じで表現を変えましょう。全てを正直に答えればよいというものではありません。

 

志望理由

 

 履歴書にも志望理由は書いていますが、面接官としては本人の口から改めて志望理由は聞きたいものです。この際ですが、履歴書に書いた内容を棒読みするようでは困ります。

 

 自分なりに企業分析をした結果、興味がある業務、また、大学で専攻していた得意分野と合致するなど、明確な理由を挙げます。一般の方なら、これで大丈夫ですが、企業側も中退者を採用するということは、かなりのリスクをとるということになりますのでどうしても慎重になります。

 

 中退者が、面接で志望理由を聞かれるのは当たり前です。しかも、書類専攻を通過して面接まできているわけですから、企業側も興味があるのは間違いありません。ここは、志望理由もしっかりとした企業分析の裏付けとした回答が求められます。

 

 

【関連記事】


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す