面接の服装マナー

スーツで臨む

 

 面接時の服装ですが、新卒と同じようにスーツで臨みます。中途退学だから、アルバイトの面接と勘違いしては困ります。基本は、就活時と同じで構わないのですが、しばらくぶりにスーツに袖をとおす方は、サイズなどが変わっていないかもチエッゥします。

 

 もし、大幅にサイズが変わっていたら、痛い出費でしょうが就職活動のツールとして必要ですので新調しましよう。サイズが変わっていなくても、しばらく着ていないのでシワシワでは困りますので、しっかりとアイロンをかけておきましょう。

 

スーツ以外も気を使う

 

  服装というと、スーツだけという感じが強いですが、これは頭から足先まで全て見られます。ヘアースタイルもビジネスに向かないスタイルになっている場合は、きちんと見苦しくないように直します。

 

 あと、スーツだけではなく、中に着るシャツにも気をくばりましょう。スーツは、きちんとしていても中のシャツがシワシワになっているケースもあります。また、ボタンをはずしていることもありますので注意しましよう。最後は、足元、靴ですが、これはきちんと磨かれているか、かかとがすり減っていないかなどをチエックします。カジュアルな靴ではいけません。

 

 

【関連記事】


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す