面接でやってしまいがちなこと

NGと認識していないこと

 

  面接時は緊張していますから、うっかりと変な言葉づかいをしてしまうのは仕方がない事です。しかし、これが度々でるようでは面接官から、あまり良い印象をもたれません。

 

 緊張して、意味不明な言葉を思わず口走っても、一回なら緊張しているのだなと理解してくれますが、答えの度に同じフレースを使うようでは、不快な印象をもたれるのは間違いありません。典型的なのが、答える前に「えーっと」「それはですね」などはNGです。

 

 つまり、日常の口癖を言ってしまうケースです。これは、日頃から使っている言葉ですから面接とはいえ、余程意識しないと直るものではありません。また、本人も特に問題ないと思っているケースが多いのでやっかいです。

 

行ってはいけないこと

 

 面接時に、行ってはいけないことの中に、貧乏ゆすりがあります。これも普段の癖ですので面接時には気をつけなくてはいけません。また、手で、しきりに、頭をかく仕草も見苦しいので注意します。

 

 また、質問の答え方が、面接官の言った質問にたいして的確な答えをしない、答える際にダラダラながく中々終わらない、答えが自慢話になってしまうのはNGですので注意しましょう。

 

 

【関連記事】


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す