面接後のお礼状についての注意点

お礼状で学歴をごまかせる?

 

 面接を受けた後に、面接官や採用担当者、企業へ向けてお礼状を送付する。この行為で、大学中退という学歴を払拭したりごまかしたりできるものなのでしょうか。

 

 学歴が気になるからこそ、このお礼状を出した方がいいのではないかと考える就職希望者も多いと思いますが、残念ながら、このお礼状というツールにそこまでの効力はないと考えられます。

 

 お礼状は、採否を大きく左右するためのものとはならないと言われており、これは恐らく事実でしょう。期待したい気持ちはわかりますが、その期待は程々にしておいた方がいいのかもしれません。

 

それでもお礼状が必要な理由

 

 学歴を払拭することもできず、そもそも採否を大きく左右するものではないのに、なぜそれでもお礼状を送付するべきと言われているのでしょうか。それは、「採否に影響を及ぼす可能性が無いわけではない」からです。

 

 採否を「大きく」左右するとは言えませんが、しかし、小さい影響であれば与える可能性があるかもしれない、これもきっと事実でしょう。お礼状は人の気分を害するものではなく、むしろ送った人の印象を良くすることは間違いありません。その良い印象が最後の一押しとなり、採用が決するというのはよくある話。

 

 選考が拮抗していれば、その効果は計り知れないものとなる可能性があるため、お礼状を送付しておく意味が出てくるのです。

 

ミスや失礼がないかを再三確認を

 

 面接後に送付するお礼状が最大限の効果を発揮するためには、それにミスや失礼がないことが大前提となります。お礼状の体を成していなかったり、誤字脱字があったり、面接から何日も経過してから送付したり、内容が何かの丸写しのようであったりなど、お礼状のどこかの部分にミスや失礼、そして違和感があれば、印象は逆に悪くなってしまうでしょう。

 

 だったら出さなかった方が採用されたかもしれない、なんてことにもなりかねないので、作成後は再三確認をし、そうしたミス等がないように気を配らなければなりません。

 

 

【関連記事】


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す