業界予習をしておこう

業界予習とは?

 

 大学中退で入社する場合ですが、まず企業というより働く会社が、どの分野であるかしっかりと把握しましょう。企業の志望時にあるていどは、企業研究はしているでしょうが、実際に勤めるとなると話は違います。

 

 まず、企業研究は更に詳細に行います。何の製品を販売しているのか?または、何の事業を行っているのか?詳しく調べます。そして、売上がどれ位か?経営状態はどの位なのかなどまで調べる必要があります。

 

 主力事業が分かったら、それについて詳細に調べます。わからない点は、ネットなどで調べます。あまりにも専門すぎてわからない場合は大枠を理解するだけでも十分です。

 

業界予習の大事な点は?

 

 一口に業界予習と言われてもピンとこないかもしれませんが、勤務を始めると勉強しておかないと色々と大変なことも出てきます。それは、業界の専門用語です。大学での専門と一致している場合は別ですが、通常は初めての事ばかりのはずです。

 

 業界で使われる専門用語などは、おおまかで良いですがわかるようにしておくと勤務する場合になっても重宝します。何故なら、勤務を始めても先輩方は、一々専門用語を分かりやすい用語に直してくれるとは限らないからです。

 

 わからないので質問して初めて意味がわかることになるからです。この時、最低限の専門用語がわかっていれば先輩の見る目も違ってきますので、しっかりと勉強しましょう。

 

【関連記事】


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す