大学中退者が気をつけておきたい入社後について

 大学中退してから苦労して就職した人は、入社できたことに感激して“なんとかして今までの遅れを一気に挽回しなくては…”という内心のプレッシャーに突き動かされがちです。

 

 意欲があるのはいいのですが、エネルギーが空回りして、会社の先輩や上司の話を冷静に聞けないで、ミスが連発…ということになってしまってはよくありません。仕事に慣れるまではこつこつと“ミスを出さない”点に集中して、小さな信用を積み上げていくしかありません。自分より年下の上司に指導されてもいちいち素直に相手の言うことを聞く必要もあります。

 

 “どうして自分がこんな仕事を?こんなことがやりたくて入社したわけじゃなかったのに…”という不満がくすぶるかもしれませんが、小さな作業から大きな会社は成り立っています。自分が一人前になった時に、会社という組織の全体があなたの頭に入っているはずです。

 

なんでも相談できる人を見つけよう

 

 大学中退で入社した男女にとって、入社後、なんでも相談できる人を見つけることは非常に重要です。会社の中でも良いのですが、人のうわさや悩みを相談するのなら会社とは関係のない立場の人のほうが良い場合もあるでしょう。

 

 自分の悩みをぶちまげたり、話を丁寧に聞いてくれて共感してくれる人がいるだけで、入社直後のストレスやプレッシャーはかなり和らぐはずです。入社3か月間は勝負の時期です。

 

 最近では試用期間を設定している会社も多いですから、入社3か月間は勝負のタイミングと言えます。最初の3か月をなんとかして乗り切ると1年間続くことが多いと言われます。ですから最初の3か月間は、笑顔を忘れないで、与えられた業務をなんでも全力でこなすことが求められます。

 

 

【関連記事】


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す