大学中退者が知っておきたい就職の5つの手順

 大学中退者は武器にできる部分をとことんアピールし、マイナスになりそうな部分を上手くごまかすことが、就職活動の流れの中の随所で求められます。

 

 利点と欠点の使い分けさえ間違えなければ、就職するのはさほど難しくないのかもしれません。

 

 

自己分析で見出しておきたいこと

 

 自分の持っている利点と欠点を使い分けるには、それらを知っている必要がありますよね。自己分析によって見出しておきましょう。

 

 これまでの経験で、継続して興味を持てそうなことも同時に見出し、就職やその先のビジョンを明らかにしておくことも忘れずに。

 

 

【参考記事】

 

 

 

隅々までチェックしておきたい求人情報

 

 求人情報を上から下まで見尽くしておくこと。気になった求人はもちろん、どこか少しでも引っかかるようであれば、応募資格、給与、待遇、福利厚生、仕事内容など、全ての項目を細かくチェックしておきましょう。

 

 こうして、自分の利点を活かせる会社を見つける可能性を広げておくことが重要です。

 

 

【参考記事】

 

 

 

履歴書でアピールしておきたいこと

 

 日本では大学に入学することがひとつの大きなポイントであり、就職する時の武器にもなります。この利点を活かし、履歴書を書いてみましょう。

 

 大学で学んだことや得たものを自分の言葉で表現し、応募先企業や職種などと繋げられれば、これ以上ないアピールができるはずです。

 

 

【参考記事】

 

 

 

大学中退の理由を考えておくこと

 

 大学中退者であるが故のハードル、それは、「なぜ退学したのか」という面接官の質問。これを乗り越えるための対策は絶対に欠かせません。

 

 その理由だけではなく、その退学がどのような影響を自分に及ぼしたのかまで言及できるようにまとめておきましょう。

 

 

【参考記事】

 

 

 

入社準備で社会人の準備を

 

 大学入学までは果たしたわけですから、恐らく勉強には慣れているはず。入社準備はまさに勉強。

 

 生活習慣を整えたり身だしなみを気にする以上に、学べることを学び、大卒者と遜色ない働き方ができるだけの準備を勉強によって整えておくべきです。

 

 

【参考記事】

 

 


一般的な方法は通用しない 大学中退者の強み 企業が求めるもの 企業を探すには リクナビNEXTで仕事を探す